第2回 澤村祐司リサイタル

開催日: 
2018/10/30

  平成30年度(第73回)文化庁芸術祭参加公演

    第二回 澤村祐司リサイタル

本公演では、これまで地唄箏曲の古典を中心に学んできたなかで、
私が最も大切に感じている、間(ま)、掛け合い、歌の魅力を
出来る限りお伝えしたいと願い、以下の四曲を取り上げます。

 合の手の旋律が特に美しいと思えた『鶴の声』
 三絃同士の細やかな旋律に魅了された『越後獅子』
 純器楽曲の中で最も多く魅力的な旋律が込められていると感じた『みだれ』
 箏と三絃の掛け合いが最も起伏に富むと感じた『松竹梅』

前半は三絃、後半は箏に比重を置き、
独奏と合奏による対照の妙もお聴きいただければと願っています。

また今回は、江戸時代から「男性盲人の芸」として育まれ伝えられてきた箏三絃の
世界にも思いを寄せていただきたく、富田清邦師にご助演をお願い致しました。
繊細で、かつ男性的な地唄箏曲の魅力をお示し出来るよう、精一杯努めます。

後援: 公益財団法人日本伝統文化振興財団

特別出演: 富田清邦

  プログラム

1、『鶴の声』玉岡検校 作曲
  三絃 澤村祐司
2、『越後獅子』峰崎勾当 作曲
  三絃(替手) 澤村祐司  三絃(本手) 富田清邦
3、『みだれ』八橋検校 作曲
  箏 澤村祐司
4、『松竹梅』三つ橋勾当 作曲
  箏 澤村祐司  三絃 富田清邦

日時: 平成30年10月30日(火) 19:00開演 (18:30開場)
場所: 紀尾井小ホール
   東京都千代田区紀尾井町6-5(tel.03-5276-4500)

入場料: 一般3,000円 学生2,000円
    特別ペア券4,000円(お付添が必要な方) 全席自由

お申込・お問合せフォームはこちらです。
電話 090-9012-3861  メール sawamura.yuji☆gmail.com(☆を@に変更して送信)

チラシ画像は、後日アップさせていただきます。

皆様のおこしを心よりお待ち申し上げております。

どうぞ宜しくお願い致します。