これからの出演情報

公演チケットに関するお問合せはお問合せフォームをご利用ください。

開催日:2018/10/30

  平成30年度(第73回)文化庁芸術祭参加公演

    第二回 澤村祐司リサイタル

本公演では、これまで地唄箏曲の古典を中心に学んできたなかで、 私が最も大切に感じている、間(ま)、掛け合い、唄の魅力を 出来る限りお伝えしたいと願い、以下の四曲を取り上げます。

 合の手の旋律が特に美しいと思えた『鶴の声』  三絃同士の細やかな旋律と唄の節に魅了された『越後獅子』  純器楽曲の中で、間や旋律に最も魅力を感じた《みだれ》  箏と三絃の掛け合いが最も起伏に富むと感じた『松竹梅』

前半は三絃、後半は箏に比重を置き、...